ビジョンアップトレーニング

ビジョンアップトレーニング

「広い視野で、心に余裕を。」

人間の五感の中で「目」から得られる情報は最も多いと言われています。しかし現代ではスマホやパソコンの普及で目の可動域が狭くなりがちです。目の可動域が広がると「視野」が広がり、瞬時に得られる情報量が増えることによって、作業効率が向上します。ビジョンアップトレーニングでは、ビジョンアップ=視野拡大を図るための独自のトレーニング手法です。視野が広がることで心に余裕を生み出し、その結果仕事の生産効率を向上させます。

こんな方におすすめ

・品質チェックなど、検品業務をされている方
→異物混入などの人的ミスの減少が期待できます。

・デスクワークでの目が疲れる方
→日々の眼精疲労の軽減が期待できます。

・トラック運転手など、業務で車を運転する機会が多い方
→運転中の注意散漫の改善効果が期待できます。

ビジョンアップトレーニングを導入すると?

人間の動体視力は、加齢とともに発達し衰えていきます。40代から急激に低下していく動体視力。動体視力が低下すると周辺視野(いわゆる「目の可動域」)も狭くなっていきます。動体視力はトレーニングで改善することができます。
ビジョンアップトレーニングの必須アイテムである「ビジョナップ」は、多くのプロアスリートが愛用しています。実際にアスリートが使用した結果、視覚機能向上率が平均9.92%向上パフォーマンス向上率が平均9.57%向上したという結果が出ています。
動体視力の低下防止は決してアスリートだけではなく、すべての方に必要なことです。ビジョンアップトレーニングでは、一般人向けに開発したトレーニング手法で、「誰でも簡単に続けれられる」ことを目的に多くの企業が導入しています。

そもそもビジョンアップトレーニングとは?

目と心を同時に鍛えるトレーニング方法です。
目の働きは、運動機能やパフォーマンス、メンタルに関わってます。また思考と目の 動きは連動しているので、目を動かすことで、思考も活性化されます。
しかし、スマホで様々な情報が得られる時代になり、私たちは自分の目を動かして色々なものを見渡し、判断する必要性が減ってきました。すなわち目を動かさないということは頭の働きも鈍くなってしまい、発達段階にある子供にとっては、学習能力や感情のコントロールに影響を及ぼします。ビジネスマンであれば、作業の正確さ、想像力、処理スピードにも影響が出ますし、スポーツ選手であれば、プレーの精度やイメージ通りに身体を反応させる力にも関わってきます。
シニア世代では見えづらさや反応の遅れ転倒なども眼の機能の衰えに関係してます。
強いメンタルとは、瞬時に判断し行動出来る力。感情のコントロールや知識を生かすなど人間らしさを作る脳の部位が前頭前野。簡単な眼球運動で活性化されます。
感情を応急処置的に気持ちの持ちようで変えることは難しく、また人はイメージとパフォーマンスのギャップが大きくなればなるほど不安が強くなりスランプになります。
例えば、目を素早く動かせる人は周りが良く見えており、機転が利くため、メンタルコントロールしやすくなります。また目の動かしにくい方向を改善することで思考の
バランスを整えます。
「緊張や不安があっても、メンタル機能、身体機能が適切に機能する」ことがこのトレーニングの目指すところです。

導入のメリット

  • 機材を使わずどこでも眼の機能チェックとトレーニングが可能。
  • 目の使い方のクセだけでなく、メンタルのくせもわかる。
  • 課題別にオリジナルを含めた数百のトレーニングメニューがある。
  • 人それぞれの環境、課題に応じてトレーニングメニューを組み立てられる。
  • 目の機能、メンタル機能について理論的に説明し、その都度トレーニングの意味と効果を伝えながら行うため、モチベーションが下がりにくい。

トレーニング効果

・姿勢、身体のバランスが良くなる
・視野が広がる
・反応の精度が上がる
・感情のコントロールがしやすくなる
・本番で力を発揮
・集中を適度に維持できる
・運動機能のベースアップ
・けがをしにくくなる

料金システム

ビジョンアップトレーニング

月額3万円


  • 毎月1回30分間のグループレッスン  月に1回従業員(パート含む)を対象としたグループレッスン。
  • 「VISIONUP」を1台レンタル  ビジョンアップ必須アイテム「VISIONUP」を1台貸し出し。
  • 従業員の視野測定実施  従業員(パート含む)を対象とした視野測定を実施。
PAGE TOP
- お問い合わせ -0800-808-7778